株式会社ダイエット.F

fusako@管理栄養士のブログ


■2011/11/29 - 肉を多く食べると大腸がん…調査で裏付けられる

ダイエットFの榊@管理栄養士です。
昨夜の読売新聞夕刊から。
肉を多く食べると大腸がんになるという研究報告が出ましたね。
詳細はまだまだ不足している新聞報道ですが。

9万人のデータ数はすばらしいものなのですが。
9万人が、日本人のすべてといえるものなのか?
岩手や長野、茨城、沖縄など9県の研究でして、これらの県が大腸がんが多いから調査したのか?なぜ、この9県なのか?
他の都道府県はどうなのか?という疑問があります。
大腸がんはたしか、肥満やアルコールなどのリスクもありました。
食べ合わせの問題ありますよね?肉が多い人でもがんにならない人いませんか?
肉を食べても野菜が多い人は?
それから45-74歳って、年齢幅が広いので、詳細が見たいですねぇ〜
(自分の研究はどうなのさ?って言われそう・・・・)

肉を多く食べる日本人は大腸がんになるリスクが高いことが、約8万人を対象にした約10年におよぶ国立がん研究センターの追跡調査でわかった。
 同センターが28日、発表した。牛や豚などの赤肉を食べると大腸がんのリスクが上がることは、世界がん研究基金と米がん研究協会が報告していたが、今回の大規模調査で日本についても裏付けられた。
 岩手や長野、茨城、沖縄など9県在住の45〜74歳の男女約8万人を対象に、1995年から2006年まで追跡調査した。このうち大腸がんになった1145人(結腸がん788人、直腸がん357人)について肉類の摂取量との関連を調べたところ、摂取量と結腸がんに関係がみられた。
 男性は、肉類全体の摂取量が最も多いグループ(1日当たり約100グラム以上)のリスクが、最も少ないグループ(同約35グラム未満)の1・44倍だった。女性でも、赤肉(牛と豚肉)の摂取量最大のグループ(同約80グラム以上)が、最少グループ(同約25グラム未満)の1・48倍に上った。

2011年11月28日12時01分 読売新聞
http://diet-f.com/blog/archive_693.htm

■コメント

※いただいたコメントは、管理者が確認した後、公開しております。コメントがサイトに反映されない…と「コメントする」ボタンを何度も押さなくて大丈夫です。

NAME
MAIL
URL
COMMENT
  1. TOP
  2. サービス案内
  3. 会社概要
  4. プライバシーポリシー
  5. お問い合わせ
Copyright© 株式会社ダイエット.F All rights reserved.