株式会社ダイエット.F

fusako@管理栄養士のブログ


■2013/8/6 - 脳ドックを受けてきました

ダイエットFの管理栄養士の榊房子(さかきふさこ)です。

実は先週、脳ドックを受けてきたんです。
毎週火曜日午後に栄養指導に行ってることに・メディカル・サポート・クリニックの脳ドック「ミニマム」コース。
午後2時から3:30にはMRI、MRAと画像診断、頸動脈エコー、そして診察を受けて終了します。今、このクリニックでは普通の脳ドックでも39800円とほかより安いの。
ミニマムコースは採血なしなので、さらに29800円と安い。
脳ドックは3か月先までいっぱいで、昨年から受けたいなーと思っていたので、キャンセルが出たところで決行!
午後2時に行き、画像診断では横になるので、寝てしまいました・・・昼寝状態・・・(笑)
お酒を飲むけど脳の委縮は無さそう(笑。
MRI、MRAもまったく異常なし。頭痛がしても脳梗塞を起こす恐れは今のところ全くないみたいです。
頸動脈エコーではプラークがあるか、プラークは脳梗塞や脳虚血を起こす原因になるかもしれないもの。
またmaxIMTが1.1mmを超えると脳血管障害や虚血性心疾患のリスクが高くなると言われています。つまり早期の動脈硬化があるかを診るもの。
過去に煙草を吸ってた50代の身内は1ミリ超えでしたが、私は0.5ミリと0.6ミリでした。(左右を測るから)

先週、クリニックグループのジンギスカンパーティに出たとき、理事長先生に受診する話をしたら、「えー!榊先生は大丈夫だよー」って言われたけど、大丈夫でした・・・
毎日緑黄色野菜を食べてるおかげ?魚が好きなおかげ?太らないおかげ?

■2010/10/25 - 「コレステロール高めが長寿」に日医など猛反発

ダイエットFの榊@管理栄養士です。
先週のニュースからアップするのを忘れてました。
コレステロールの話題です。日本医師会から意見が出ました。
忘れてならないのは、今、コレステロールが高めで薬を飲んでいる患者さんです。
勝手に「飲まなくて良い」という判断にはならないので、ちゃんと医師薬剤師の指示で飲んでくださいね。
勝手にやめたら、ダメですよ。
勝手に今の薬をやめてコレステロール上昇で血管がダメになってらどうします?
脳梗塞や心筋梗塞を周りに人がいないところで起こしてしまったら、どうします?
救急車も来てくれません。
*****************************
「コレステロール高めが長寿」に日医など猛反発

日本医師会(日医)と日本医学会、日本動脈硬化学会は20日、東京都内で開かれた日医の定例記者会見で、「コレステロールは高めが長生き」とする日本脂質栄養学会作成の「長寿のためのコレステロールガイドライン(指針)」について、「科学的根拠に乏しい」と批判した。
 日本動脈硬化学会は、LDL(悪玉)コレステロール値が140ミリ・グラム/デシ・リットル以上などを高脂血症(脂質異常症)とする指針を定めている。同学会は14日、日本脂質栄養学会の指針に反論する声明文を公表。会見で、原中勝征・日本医師会会長と高久史麿・日本医学会会長もこれを支持する姿勢を示した。
 高久医学会会長は、「LDLコレステロールが心筋梗塞(こうそく)などと直接関係があることは世界的に認められており、日本脂質栄養学会の指針は間違っている」と話した。
(2010年10月20日21時21分 読売新聞)

■2009/7/4 - ひとり酒、脳卒中にご用心

ダイエットFの榊@管理栄養士です。
厚生労働省の報告によると、一人で酒を飲むより、仲間と飲む人の方が脳卒中になる危険度が低いことがわかったそうです。
1人で飲むと飲み過ぎるのか。1人じゃない方がお酒はストレス解消になるのか。
アルコールの量が増えると塩分摂取が多くなりますからねー。
コメントされてる研究班の阪大の磯先生って、筑波大学におられましたー
今、阪大だったのねー
***********************
仲間と飲むと危険度低下
 一人で酒を飲むより、仲間と飲む人の方が脳卒中になる危険度が低いことが、厚生労働省研究班(班長=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の調査で分かった。研究班は、40〜69歳の男性約1万9000人を、「週1回以上話す友人の人数」や「秘密を打ち明けることのできる人の有無」などの質問を基に、社会的な支えが多い群と少ない群に分け、1993年から約10年間追跡した。調査中に836人が脳卒中や心臓病を発症。エタノール換算で週300グラム(ビール大瓶で1日2本程度)未満の飲酒の場合、社会的支えの多い群は、脳卒中の発症危険度が飲まない人の0・7〜0・8倍と低く、社会的支えの少ない群は、1・2〜1・8倍になった。
週の飲酒量が300グラム以上になると、両群とも、飲まない人より脳卒中の発症危険度は高くなった。一方、心臓病の発症危険度は、社会的支えに関係なく、飲酒によって下がった。研究班の磯博康・大阪大教授は「仲間と騒いで酒を飲むと一人で飲むよりストレスを発散できていると考えられ、この結果につながったのでは」と話している。(2009年7月2日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/20090702-OYT8T00592.htm
  1. TOP
  2. サービス案内
  3. 会社概要
  4. プライバシーポリシー
  5. お問い合わせ
Copyright© 株式会社ダイエット.F All rights reserved.